So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Ars Electronica Festival 2016: Alchemists of our Time Exhibition [curation & framing]

2016年のフェスも無事終了。
フェスでは、Alchemists of our Time Exhibitionの企画、キュレーション、ディレクションを担当。



The Alchemists of Our Time
Hideaki Ogawa (AT/JP)

“Alchemy is a kind of philosophy: a kind of thinking that leads to a way of understanding.” Marcel Duchamp

The digital revolution has reconfigured our world in binary code and made it easier to integrate different elements beyond the boundaries of conventional concepts. Robotic cars, the Internet of Things, these are just two visible examples of radical changes we are going to experience. Digital computing is about to reach the quantum world, and from genetic engineering to synthetic biology, technologies are enhancing our ability to manipulate the fundamen- tal laws of nature. Delusion, desires, dreams, or the hopes of humankind—now people have the means to experiment even with speculative ideas, and can create extraordinary moments that we have never experienced before. If we follow Duchamp’s defi- nition, it is alchemy, a philosophy that leads to a way of understanding, that is most called for in this era. Alchemy used to be a practice derived from a mixture of art and science. The practical alchemists, where are they now?

In Ars Electronica 2016 we will set up a lab in the POSTCITY to introduce what contemporary alche- mists are actually doing. Artists, designers, scien- tists, engineers, activists and entrepreneurs, we will showcase their works and try to reveal their empirical approaches to developing our future through unique and unorthodox methods.

How do we confront the new concept of life in the era of genetic engineering? How is AI going to be externalized in our physical world? When we think of the advance of robotics and biotechnology, how can we redefine the notion of the Homunculus, the creation of artificial life? What kind of rituals and spiritualities do we need to prepare ourselves for the transition? How will biological information alter forms of communication? What happens if science enables us to perceive with a sixth sense by augmenting body’s sensory awareness? What does immortality mean to us in the 21st century, and what if we already have the technologies that could become the elixir? Are we going to merge our physical existence with artificial technologies such as cybernetics? What is the future of food as human sustenance?

The emergence of 3D printers has extended our abil- ity to fabricate things. How far will that allow our creativity to flourish? What will the new objects or furniture look like? How do creators explore their own technique in the process, and how will their unique ideas bring us a magical experience? How will the new means of fabrication revolutionize the fashion industry? When smart textiles give us interactive clothing, how will it change the role of fashion? How do we treat them as our second skin? And what kinds of collaboration are going on in this field of art and industry?

The basic infrastructure to sustain daily lives in the new generation will have to be fundamentally remodeled. What is a better energy system in the future? How can we satisfy both sustainability and resilience? What will the role of public space be? How will technologies change the definition of architecture when it comes to be programmable, sensible, and even transformable buildings? What is the style of community in a world of pervasive connectivity? What should be governed and con- trolled in that society, and what should not be? And, when all of these remarkable technologies are readily available, what will it eventually mean for the whole society?

Humans developed various forms of ‘codes’ when they created artifacts. ‘Coding’ is an activity to create a medium that can convey ideas and func- tionalities. Long before the invention of computers, humans crafted analog code, such as ‘modeling’ out of clay, ‘carving’ out of wood, or ‘building’ architec- ture. The emergence of computers introduced us a new code for computers: digital coding. And code is now expanding its limits to coding for matter: cod- ing for ‘growing’ biological cells, ‘catalyzing’ specific chemical reactions, or ‘animating’ living organisms. In 2003, our theme for the Festival Ars Electron- ica was CODE—The Language of Our Time, which now gives us very insightful contrast to this year’s theme: RADICAL ATOMS and the alchemists of our time. We can see a semantic transition from ‘language’ to ‘alchemy’, which suggests that in 2016 code is not just a language to control some- thing behind black screens, but a series of dynamic transitional activities to be undertaken by artists and innovators. These are the living alchemists, who keep seeking artistic/scientific discoveries in an unknown world, forging creative relationships across the various disciplines, and trying to hammer out a better future.

Along with the accelerated development of tech- nology, humans must undertake certain risks and uncertainties. The work of the living alchemists will blaze a pathway to understanding the future.


共通テーマ:アート

ARS ELECTRONICA in the KNOWLEDGE CAPITAL Vol.06 [curation & framing]

ImpetusMovement.png

詳細情報:https://kc-i.jp/activity/arselectronica/vol06/

(Ars Electronica in the Knowledge Capital Program オフィシャルホームページより)




共通テーマ:アート

オープンコール:Future Innovators Summit at 2016 Ars Electronica Festival [ars electronica]

FIS.png

世界中のイノベーターたちが集まって明日へのアジェンダを生み出すプログラム、Future Innovators Summitが今年もアルスエレクトロニカ・フェスティバルにて行われます。その参加者の募集をオープンコールします。

テーマ
Future Humanity
Future Education
Future Commons

締め切り: July 30, 2016 (23:59 UCT+2)

詳細はこちら
http://www.aec.at/radicalatoms/en/fis/




共通テーマ:アート

Anti Adscreen Project [h.o works & projects]

h.oの新作をTokyo Art Flowにて展示します。

TOKYO ART FLOW 00
テーマ Human’s Nature – 人間の自然
会期 2016年7月29日(金) – 7月31日(日) [3日間]

http://tokyoartflow.jp/program/anti-adscreen-project/

Anti.png

広告で埋め尽くされてしまった駅の公共スクリーンを市民に解放するプロジェクト。

駅構内に設置するインスタレーションで、二子玉の人たちが二子玉の人たちに聞いてみたい「問い」を集める。

インスタレーションでは「?」で終わる問いを参加者にハンドライティングしてもらう。そのプロセスは、手とペンの動きにフォーカスして早送りのコマドリ映像として保存される。ここで作られた映像は、次々と二子玉川駅プラットフォームで表示される。

巨大な手が書き込む様々な「問い」。
それらの問いは、参加者の手つき、筆跡と一緒になることで、匿名でありながらその人の個性を表す。

プラットフォームでは、クスっとする問い、ハッとする問いが次々と手書きされ、通行人は広告で埋め尽くされてしまっていた公共スクリーンに、昔、駅にあったみんなの掲示板を連想するかもしれない。

問いは、リアルタイムにTwitterでも拡散され、二子玉川のサイトスペシフィックな対話を生み出し、公共空間における情報メディアの現状を挑発する。



共通テーマ:アート

Ars Electronica Festival 2016: ラディカル・アトムズ、そして、私たちの時代の錬金術師たち [ars electronica]

Radical.png

Radical Atoms and the Alchemists of Our time ラディカル・アトムズ、そして、私たちの時代の錬金術師たち

デジタル革命によって変容する文化、社会の状況、そして浮かび上がる様々な課題。
人々がそれらと向き合う最中、次世代の科学者やエンジニアたちは「デジタル」と「物理世界」との融合という新領域について探求している。

彼らは「ビット(デジタルデータの最小単位)」と「アトム(物質を構成する最小単位)」を繋ぎ、自然の物質から新しいハイテク素材を生み出している。
彼らは、ニューロサイエンスやバイオテクノロジーを用いるアーティスト、デザイナーたちとチームを作り、3Dプリンターやレーザーカッター、伝統的な手作業とデジタルのハード・ソフトウエアを自由に使いこなす。

その伝統にとらわれないアプローチ、そしてインスピレーションに溢れるプロジェクトは、テクノロジーと自然がどう作用しあうのか、これからの科学のあり方を切り開いている。

アルスエレクトロニカ・フェスティバル2016は、MIT Media Labの石井裕教授とのコラボレーションを通して、この融合領域に着目。アート、テクノロジー、社会がラディカルに変化するための新たな問いを立てる。

MIT Media LabのTangible Media Group、そして石井氏はヒューマン・コンピュータ・インタフェースの分野で先駆的な研究を実践してきた。
アルスエレクトロニカとの最初の深い繋がりは、1997年のアルスエレクトロニカ・センター展示に遡る。それは、形のない「情報」を直接触れることができるようにしたタンジブル・ビット・プロジェクトの展示だった。
そしてその後、Tangible Media Groupは、デジタルと物理世界を根本的に融合させ、シームレスにプログラム可能にする「Radical Atoms」を提唱。
彼らが生み出すプロトタイプ群は、この新領域を牽引するマイルストーンとして知られている。

私たちの時代の錬金術師たち、そしてかれらは世界を変えるためにどう貢献できるのか

フェスティバルでは、「Radical Atoms」が示す技術的な概念だけでなく、この領域に関わる「人たち」にも着目する。

今、誰が、未来を作り出しているのか。
何が彼らを動かしているのか。
どのように彼らは集い、コラボレーションしているのだろうか。
どのような場所で彼らのアイデアやプロジェクトが形作られているのだろうか。

歴史を遡って「錬金術師たち」にスポットライトを当ててみる。
彼らは、歴史的に細分化された科学や文化の違いのような線引きされた領域を超越していた。
彼らは、従来の方法を疑う「象徴」であり、自然や形而上学と科学を深く相互触発させた人たちだった。

彼らは不老不死のためのエリクサーを探求し、人工生命の創造を目指し、全ての病気を治すための万能薬を研究し、そして、黒色火薬を発見したと言われている。

様々なものを金に変換する鍵ともいえる彼らの「芸術」は、喝采を浴びるだけでなく、軽蔑され、迫害される社会的部外者も生み出した。

にもかかわらず、錬金術師たちは、近代科学の誕生に重要な役割を果たし、
ヨーロッパのルネッサンス期の間、西洋の古代の知識と東洋の知識の再発見と、その普及の主人公でもあったのだ。

私たちの時代の錬金術師たちとは何か。
そしてかれらは世界を変えるためにどう貢献してゆくのだろうか。


inFORM - Interacting With a Dynamic Shape Display from Tangible Media Group on Vimeo.




Making of Biologic from Tangible Media Group on Vimeo.






共通テーマ:アート

Ars Electronica Parade@うめきたフェスティバル [curation & framing]

大阪グランフロントのフェスティバル、うめきたフェスティバルの企画で、アルスエレクトロニカパレードを行います。クワクボリョウタさん、ノガミカツキさん、Eric Siuさん、Ars Electronica Futurelabの組み合わせのミニ展示、パレード・パフォーマンスでグランフロントを刺激します。

arsparade.png

(うめきた未来ラボオフィシャルページより)



共通テーマ:アート

POST CITY @ Shibuya 「もし、渋谷のスクランブル交差点が「広場」になったら?」 [curation & framing]

ポップアップ アルスエレクトロニカ
POST CITY @ Shibuya

「もし、渋谷のスクランブル交差点が「広場」になったら?」

開催日時 2016年3月19日(土)
第一部 9:30~13:15、第二部 15:00~21:00

開催場所
第一部 Wired TOKYO 1999
第二部 FabCafe TOKYO

詳細情報はこちら(第一部は事前登録が必要です)
http://www.future-catalysts.com/specials/001/

PostCity1.png PostCity2.png



共通テーマ:アート

ORI* CODE FOR MATTER [talk / workshop]

unspecified.png

未来のOrigamiとは?Matthew Gardinerと一緒に制作したプロトタイプの展示とトークします。

公開講演会1 FOLDING=CODE FOR MATTER 折ることから読み解かれ、組み替えられる世界
講演者 マシュー・ガーディナー氏(アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ リサーチャー)
日時 2016年3月9日(水)10:00-12:00 
場所 京都工芸繊維大学 ノートルダム館K101  
事前申込不要、参加費無料

公開講演会2 アルスエレクトロニカの今
講演者 小川秀明氏(アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ リサーチャー)
日時 2016年3月15日(火)15:00-17:00 
場所 京都工芸繊維大学 ノートルダム館K101
事前申込不要、参加費無料

詳細はこちら


共通テーマ:アート

Drone 100 [ars electronica]

世界記録!




フルストーリーはこちら。
http://www.aec.at/feature/en/drone100/


共通テーマ:アート

FREE SOUND 解き放たれるオト展 (Ars Electronica in the Knowledge Capital vol.5) [curation & framing]

FreeSound.png

詳細情報:https://kc-i.jp/arsinkc/vol5/

(Ars Electronica in the Knowledge Capital Program オフィシャルホームページより)


共通テーマ:アート
前の10件 | -