So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ars works & projects ブログトップ
前の10件 | -

Swarm Arena performance at Ars Electronica Festival 2018 [ars works & projects]

NTTとの共同プロジェクト「Swarm Arena」の最新映像。






共通テーマ:アート

Swarm Arena [ars works & projects]

Ars Electronica Festival 2018にてデモします。



https://ars.electronica.art/error/en/swarm-arena/




共通テーマ:アート

Swarm Compass [ars works & projects]






共通テーマ:アート

Sky Compass: SPAXELS Research Initiative with NTT R&D [ars works & projects]

skycompass.jpg
The formation flight scenario at which the SPAXELS [レジスタードトレードマーク] group to retain a signage. Photo Credit: Markus Scholl

「2020年もしも東京の夜空に光のサイネージが生まれたら」
Sky Compassは、NTT R&Dとの共同研究で、Spaxelsをサイネージやナビゲーションに社会活用するプロジェクトです。

詳細記事
http://www.aec.at/aeblog/en/2017/02/07/sky-compass-schlaegt-die-sterne-als-navigationshilfe-um-laengen/

NTT R&D Forum 2017
https://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2017/e/index.html
Thursday & Friday, February 16-17, 2017; 10 AM-5 PM
NTT Musashino Research and Development Center, Tokyo, Japan

観覧のためには事前登録が必要です。
Contact Info:
cr-team@lab.ntt.co.jp
2020 Epoch-making Project
NTT Service Evolution Laboratories


共通テーマ:アート

FOCUS: Create your art button [ars works & projects]

美術館と来場者を繋ぐツールFOCUSを制作。

「オリジナルのアートバッジを作ろう」
FOCUSは、美術館などの公共機関のためのスマートフォンアプリで、自分の発見や着目点をバッジにして持って帰れるワークショップキットです。

focus-process.png

「専門家が来場者に物語を一方的に伝えるだけでなく、来場者を参加者に変えられないだろうか。」FOCUSという新しい道具を来場者に提供することで、自分だけの視点の探求を促します。
バッジになったものは、展覧会と来場者の共有財産としてインターネット上でも共有されます。

focus1.jpg
focus_button.jpgfocus_terminal.jpg
focus_schritte.jpg
focus_smile.jpg
(photos by: Martin Hieslmair)
リンツ、オーストリアの様々な美術館に導入されてゆく予定で、将来的には地域通貨としても機能するように想定されています。
1.PNG3.PNG2.PNG


共通テーマ:アート

Smart Atoms [ars works & projects]

新コンセプト「Smart Atoms」。
もしもアトムがスマートになったら...

Smart Atoms from Ars Electronica on Vimeo.


Smart Atoms are the latest enhanced and upgraded version of the spaxels, developed by Ars Electronica Futurelab. Instead of being equipped with LEDs, the quadcopters are interlinked as building blocks. This will make it possible not only to form visual likenesses but also to generate objects with material-virtual characteristics.
aec.at/spaxels/


共通テーマ:アート

インタラクティブお絵描きボード「SWITCH」 [ars works & projects]

12月のKnowledge Capital Ars Electronica Creative Cloud In The Lab.のワークショップでも利用するインタラクティブお絵描きボード「SWITCH」。

Ars Electronica Futurelabと電子教材メーカーとして知られるElekitで研究開発したもので、絶賛販売中です。

http://www.aec.at/futurelab/en/referenzen/alle-jahre/2010/switch/
http://www.elekit.co.jp/product/detail/00827

クリスマスのプレゼントに、お店やお家のデコレーションに、2枚だけのチャレンジングなアナログプレゼンに、インタラクティブアナログサイネージに、インタラクティブな授業に....是非いかがでしょうか。




エレキット(elekit) インタラクティブお絵かきボードスイッチ (SWITCH)

エレキット(elekit) インタラクティブお絵かきボードスイッチ (SWITCH)

  • 出版社/メーカー: イーケイジャパン
  • メディア: おもちゃ&ホビー


Your-Cosmos [ars works & projects]

日本科学未来館とArs Electronicaの文化コラボレーション企画。

your-cosmos.jpg
photo by Florian Voggeneder

Miraikanの旧Geo-CosmosのLEDパネルを再活用して、Miraikanの球体ディスプレイとは異なる視点で、新しいcosmosを表現しています。その名もYour-Cosmos。

来場者が自らLEDパネルを組み合わせられるワークショップを企画したり、アーティストがこのYour-Cosmosをキャンバスに様々な表現を作り上げてます。

詳細はこちら。
http://www.aec.at/futurelab/en/referenzen/kategorie/kunst-am-bau/your-cosmos/

Candlescape [ars works & projects]

電子教材で知られる「Elekit」との共同研究、Candlescape。Ars Electronicaフェスティバルでは、そのプロトタイプを発表しました。

ソーラでチャージすると、キャンドルの中の影の世界が回転し、動き出すアニメーションキャンドルキットです。

cs1.jpg

どんな世界を作るかは参加者次第。二つのレイヤーをうまく組み合わせて、各々の世界を生み出します。

cs2.jpg

詳細情報はこちら。
http://www.aec.at/futurelab/en/themen/creative-catalyst/candlescape/
前の10件 | - ars works & projects ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。