So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
h.o works & projects ブログトップ
前の10件 | -

IMAGINATIVE [h.o works & projects]


IMAGINATIVE from h.o (hdoto) on Vimeo.



http://www.howeb.org/portfolio-item/imaginative/

もしも、自分の考えていることが、遠く離れた現実の空間に作用できるようになったら。
IMAGINATIVEは、二つの部屋から構成される作品です。
一つ目の部屋からは、スクリーンを通して、もう片方の部屋の様子が見られます。そのスクリーンには、テーブルとカップが映し出されています。アイ・トラッキング・インタフェースを利用すると、目の動きでそのカップを操作できます。左右に動いたり、空を舞ったり、頭の中の想像が片方の部屋に作用します。
もう片方の部屋に入ると、異様な光景が広がります。テーブルの上のロボットアームがカップを持ちながら動き、地面には割れたカップが散乱しています。
アイ・トランッキング/ブレイン・コンピュータ・インタフェースが私たちの「意識」と外界を直接繋ぐ時「想像力」は何を意味するのでしょうか。その「想像力」は何に宿るのでしょうか。



共通テーマ:アート

* (asterisk) 2018 version [h.o works & projects]


* (ASTERISK) (2018) from h.o (hdoto) on Vimeo.



http://www.howeb.org/portfolio-item/asterisk-2018/

私たちは、毎日Googleという礼拝堂で、様々な問いの答えを気軽に探します。
Googleのミッションは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」です。「世界中の情報を所有し、世界中の人々に影響を与えるAI」が探せないもの、それが「*」(アスタリスク)です。
コンピュータの世界でワイルドカードとして使われる「*」は、all(全て)という意味や、mandatory(必須)など様々な意味を持ちえます。全ての問いに対して、最も関連があり、最も適した答を導きだすはずのGoogleが、なぜ「*」に答えられないのでしょうか。
このプロジェクトは、この謎をもとに人とAIの未来を考えるアーティスティック・リサーチです。
Googleをはじめとする便利なサービスの皮を被った「AI」。「彼ら」が答えられないものとは何か。全能の「彼ら」とどうつきあってゆけば良いのでしょうか。




共通テーマ:アート

GHOSTHOUSE [h.o works & projects]


GHOSTHOUSE (2018) from h.o (hdoto) on Vimeo.



http://www.howeb.org/portfolio-item/ghosthouse/

人が情報にのめり込むとき、身体はその場にあるのに心は遥か彼方へ行ってしまっているように感じられます。それはテレビであれ、コンピュータのディスプレイであれ、スマートフォンであれ同じこと。情報の窓を通じて私たちのゴーストは外を彷徨います。
GHOSTHOUSEは、そんなゴーストたちが集まるインスタレーションです。
GhostAppをスマートフォンにインストールすると、スマートフォンの利用がインスタレーションに反応します。
インスタレーションは、目をモチーフに制作したデバイスで構成されていて、
あるユーザがスマートフォンを使うと、デバイスの目が開き、周囲を見渡し始めます。そしてそのユーザがスマートフォンを使い終わると、その目は閉じます。
身体はそこにあるのに「意識」をどこかに誘ってしまうスマートフォン。新たな情報メディアが顕にする無垢な「私」とリアルな身体のギャップをどう受け入れるのでしょうか。
(GhostAppは、現在Android版がGoogle Playよりご利用可能です)




共通テーマ:アート

h.o solo exhibiiton: Ghosts in the Digital Realm [h.o works & projects]

個展をAXIOM(東京、六本木)で行います。

Ghosts_text.png

http://as-axiom.com/ho-ghosts-in-the-digital-realm/




共通テーマ:アート

Anti Adscreen Project [h.o works & projects]

h.oの新作をTokyo Art Flowにて展示します。

TOKYO ART FLOW 00
テーマ Human’s Nature – 人間の自然
会期 2016年7月29日(金) – 7月31日(日) [3日間]

http://tokyoartflow.jp/program/anti-adscreen-project/

Anti.png

広告で埋め尽くされてしまった駅の公共スクリーンを市民に解放するプロジェクト。

駅構内に設置するインスタレーションで、二子玉の人たちが二子玉の人たちに聞いてみたい「問い」を集める。

インスタレーションでは「?」で終わる問いを参加者にハンドライティングしてもらう。そのプロセスは、手とペンの動きにフォーカスして早送りのコマドリ映像として保存される。ここで作られた映像は、次々と二子玉川駅プラットフォームで表示される。

巨大な手が書き込む様々な「問い」。
それらの問いは、参加者の手つき、筆跡と一緒になることで、匿名でありながらその人の個性を表す。

プラットフォームでは、クスっとする問い、ハッとする問いが次々と手書きされ、通行人は広告で埋め尽くされてしまっていた公共スクリーンに、昔、駅にあったみんなの掲示板を連想するかもしれない。

問いは、リアルタイムにTwitterでも拡散され、二子玉川のサイトスペシフィックな対話を生み出し、公共空間における情報メディアの現状を挑発する。



共通テーマ:アート

高松メディアアートフェスティバル [h.o works & projects]

takamatsu.png

高松で今年からはじまる、高松メディアアートフェスティバル。高松で2010年より実施しているTRIARTが、審査員特別賞(垂水浩幸 賞)をいただきました。プロジェクトの様子を伝える展示をおこなう予定です。

TRIARTの詳細はこちら。
http://triart.howeb.org/?page_id=37


共通テーマ:アート

* asterisk: Googleが検索できないこと [h.o works & projects]

asterisk1.jpg

h.oが2011年から進めてる*(asterisk)プロジェクトがインスタレーションの形になって、オーストリアのLeondingにあるギャラリーSUBURBIAで展示されてます。

asterisk2.jpg

「Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」 そんなGoogleが検索できないことがある。 それは「*(アスタリスク)」という文字情報だ。 この事実を発見し、デジタル化され全てものが検索できるような世界に一石を投じる、作品•プロジェクトが「*(アスタリスク)」である。

作品詳細はこちら:http://www.howeb.org/?project=136&lang=ja

展示風景はこちら:https://www.flickr.com/photos/hdoto/sets/72157629626486499/


10月11日までやってます。



共通テーマ:アート

Momentrium #3 Mars [h.o works & projects]

Momentriumの新作は、火星の「今」の位置を示します。

Ars Electronica Festival 2014の教会(Mariendome)での展示。

15205600101_577a820798_k.jpg15208675645_f66493dbac_k.jpg

共通テーマ:アート

STORYWEAVER in DEEP SPACE [h.o works & projects]

Deep Spaceを活用した新作「Storyweaver」をアルスエレクトロニカ•フェスティバルで発表。

Camera view 1

Storyweaver from h.o (hdoto) on Vimeo.


Camera view 2

Storyweaver (2014) from h.o (hdoto) on Vimeo.

https://www.flickr.com/photos/hdoto/sets/72157645113526868/

「物語をピアノで奏でた音とビジュアルで織る。」Story Weaverは、アルスエレクトロニカセンターの巨大映像空間Deep Spaceを最大限に活用し、物語を「体感」として伝えるピアノ•パフォーマンスである。このプロジェクトでは、日本人なら誰もが知る口承伝承•民話である「鶴の恩返し」を題材に、体験型パフォーマンスを通して日本の文化を幅広い人たちに伝えることを試みる。

2011年の3.11.(東日本大震災)は、私たち日本人にとって、日本の自然の豊かさと脅威、それだからこそ生まれる精神、文化、人と人の関係、社会を見つめ直すきっかけとなった。「日本独特の文化を、世界中の幅広い年齢層の人たちに、アルスエレクトロニカとのコラボレーションならではの方法で伝えられないだろうか。」ピアニストのMaki Namekawaのこの問い掛けに対して、リンツ在住の日本人作曲家Chiaki IshikawaとイラストレーターEmiko Ogawaが呼応し、さらにNaohiro Hayaishi(ヴィジュアル•プログラミング)、Tetsuro Yasunaga(ワークショップ・プログラミング)、Hideaki Ogawa(アートディレクション)がチームに加わった。アルスエレクトロニカチームとのコラボレーションのもと、日本の豊かな水辺の風景を喚起させる「鶴」の物語が、同じ水辺の都市であるリンツと共鳴し、上演される。

Story Weaverは、ピアノからのデジタル信号と、Deep Spaceの壁面、床面の映写ヴィジュアルアニメーションをつなぎ、物語をあたかも織ってゆくかのように表現する。Story Weaverというコンセプトは、「鶴の恩返し」のストーリーの中で、鶴が恩返しのために「機を織る」ところからもインスピレーションを受けている。ピアニストがピアノで演奏を始めると、まるで機織りで織るように糸が舞い、物語の世界が広がってゆく。Deep SpaceのL字型の構造を最大限に活用することで、観客の位置、目線が、紙芝居や スクリーン画面の枠に応じて遷移するのでなく、上下に移動したり、真上からその物語の空間を見つめるような、ユニークな体験を提供する。

日本の民話は口承伝達であり、語り部によって少しずつ異なる物語が伝えられていた。そしてその行為は文化を次の世代に伝え、その文化に根ざした精神をコミュニティーで共有する作業であった。Story Weaverでは、今では語り継がれなくなってきた物語、そして失われつつある、人と出会い「共有するライブ体験」を芸術的な手法で再構成することを目的としている。


共通テーマ:アート

Kazamidori in Brussels & Bangkok [h.o works & projects]

Kazamidori.jpg

Kazamidoriの展示情報。

ICT&ART CONNECT 2013

Bozar museum, Bruxelles, Belgium, November 9-11, 2013

ITU Telecom World 2013

Bangkok, Thailand, November 19-22, 2013
http://export.aec.at/itu2013/
前の10件 | - h.o works & projects ブログトップ